横山とうふ工房様

南アルプス市にあります横山とうふ工房様(有限会社峡西豆腐工房 横山食品が正式名称)。

そこの湯葉のシールデザインや商品についての売り方など様々なご提案をさせていただきました。

今月14日に発売する「(仮)甘酒とうふ」のシールデザインや販売方法などいろいろなご相談の中、協力できるところなどは全力でさせていただいています。

例えば、良い商品があっても売る場所や知ってもらう環境が整わなければ意味がないので、それらをその人に「やれ」というのではなく、得意とする場所を伸ばし、不得意な分野を私や私以外の依頼先を見つけたりする。

それらが上手に機能することで、初めはコストがかかっても最終的にお客様の利益となれば納得してもらうことが可能なので初めは無茶なお願いもどんどん思うことを伝える。

そこから、生まれたアイデアを共にクリアしていく。

もちろん、相談乗ったからだけでなく同じうように動き、同じように悩み、同じように製品を好きになる。

その繰り返しをしたことで今回は、ラジオ出演はもちろんテレビ出演にもつながったのだと思います。

一番は本人たちの気持ちと行動だったと思います。

私は言うだけですが。

横山とうふ工房

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP